ヘルパーさんの労務管理

訪問介護事業所、管理者の皆様へ

 

一般的にホームヘルパーの業務は、利用者宅に事業所から訪問して家事援助

サービス等を行うという性質上、労務管理が難しく、自身の空き時間を活用して働ける

というメリットがある半面、不安定になりがちな勤務態様の為、人材の定着率が

なかなか向上せず、人材集めに苦戦されているという事業所も多く見られます。

 

また利用者に対する応対の仕方やクレームに対する対応の仕方などにも個人のパーソ

ナリティによる部分が大きく、事業所にとっては有能なヘルパーさんに出来るだけ長

く働いていてもらう為にも最低限の日常の労務管理に気を配り、安心して働ける職場

環境作りを目指す必要があるのではないでしょうか。

 

難しいと思われがちな訪問介護の事業所の労務管理ですが、工夫次第で

ルールを守りながら、収益を上げる方法は見つかります。

 

労務管理がきちんとされている事業所はそれだけで働く側から見て、

他との差別化がなされます。意欲の有る良い人が定着すれば、

利用者の満足度も得られます。

 

訪問介護事業とはまさにそういう事業ではないでしょうか。

 

以下、ホームヘルパーの労務管理について注意すべき点を、日常よく受ける質問から

ご紹介させていただきます。 

 2843130.jpg

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る