障害年金の請求は社会保険労務士にお任せ下さい

 

 

年金請求の専門家が御支援いたします

障害年金という制度を御存知でしょうか?

年金と言うと、高齢になってから貰えるものという

イメージがございます。

 

国民年金や厚生年金制度に加入中に事故や病気で

働けなくなったり日常生活に不自由な状態となったときに

障害基礎年金(障害厚生年金)が誰しも受給できる

可能性が有るのです。

 

がんやうつ病、糖尿病など、殆どの病気やケガで

要件を満たす場合に支給されます。

 

障害年金の制度が有る事を御存じない為に、本来

受給できる方で、支給申請をされていなかったり、

周りの人やケースワーカーに「受給は無理」と言われ、

申請を諦めてしまうケースも存在します。一人でも多くの方

に障害年金の制度を知ってもらい、活用して貰えれば幸いです。

 

障害年金の請求でお悩みの方は、お気軽に専門の社会保険労務士にご相談ください。

障害年金の概要について→年金機構HPへ

 

障害基礎年金 

主な支給要件

○ 初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間のうち、保険料納                                            付済期間と保険料免除期間を合算した期間が3分の2以上であること
○ 初診日の属する月の前々月までの直近1年間の被保険者期間に、保険                                    料の未納期間がないこと
○ 20歳前に初診日がある場合

年金額

平成24年度
【1級】 786,500円×1.25+子の加算額
【2級】 786,500円+子の加算額
子の加算額・・・第1子・第2子 各226,300円                                        第3子以降   各 75,400円

障害厚生年金 

主な支給要件

○ 厚生年金保険加入期間中に初診日がある病気やケガの場合で、障害基             礎年金の支給要件を満たしていること

年金額

平成23年度
【1級】(報酬比例の年金額)×1.25+配偶者の加給年金額
【2級】(報酬比例の年金額)+配偶者の加給年金額
【3級】(報酬比例の年金額) ※最低保障額 589,900円
 配偶者の加給年金額・・・226,300円
※ 1級または2級に該当するときは、障害基礎年金に上乗せして障害厚生            年金が受け取れます。

障害年金請求の流れ

STEP1

@お電話、メール、FAXにてご依頼

※その際、初診日と今までの病院の履歴等を教えて下さい。

STEP2

A着手金のお振込み

STEP3

B幣事務所より委任状、委任契約書、診断書用紙等必要書類の送付

STEP4

Cお客様より必要書類を幣事務所に返送

STEP5

D幣事務所にて申立書の作成(十分なヒアリングの実施)

STEP6

E出来上がった申立書をお客様に見て頂きます

STEP7

F申立書を幣事務所に返送

STEP8

G必要書類を揃えて幣事務所にて裁定請求

STEP9

H成功報酬のお振込み

※基本的にはこのパターンですが、状況に応じて変えていきます。

料金について

 

着手料、、、21,000円(税別) ※業務開始時にお振り込みいただきます。

成功報酬、、@ 障害基礎年金のみ 年金額の2ヶ月分+消費税

        A 障害厚生年金 年金額の1.5カ月分+消費税

成功報酬(遡及払いの場合)、、初回振込み額の10.5%(国民年金の場合は15%)

                   、または30万円の安い方。

 

成功報酬は年金が不支給になった場合は、いただきません。

料金は不定期に変更になる場合もございます。御了承ください。

お問い合わせはこちら

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

ご相談を希望される方は、お電話または下記のご予約フォームよりお気

軽にご連絡ください。

 
お電話でのご相談はこちら
0795-28-3290

受付時間 : 9:00〜18:00(日曜日は除く)

担当 : 三木

 
メールでのお問い合わせはこちら→無料相談・お問い合わせフォーム
▲このページのトップに戻る